キリヌキとヨリヌキ

基本的には食べたご飯の日記を中心にしようとおもいながら、
結構何でもアリな感じ。毎日おもったことを徒然と。
あがとー
街を N と歩く時、
フッと手を差し出せば
自然に握り返されて
感じる小さな手の手の温もり。
つい忘れてしまいそうになるけれど、
本当はとても幸せな事なのだろうな、と。

M も。
最近は生意気な口も叩くようになってきたし、
相変わらず散らかしまくりで
イラッとするけれど、
訊ねもしないのに
その日にあった事を教えてくれたり、
私は無関心でも
M にとっては耳よりな情報を教えてくれたり。
N と喧嘩もするけれど、
しっかりと面倒も診てくれる。

日常は
気が付こうとしなければ
過ぎてしまうけれど、
ほんの少し目を遣るだけで
ありがたいものとして
感じる事ができるようになる。

私はまだまだなので
何もかもに感謝できるまでにはなっていない。
でも、
少しだけ
家族に目を向けて
感謝しよう。
| ファミリ | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 14:01 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://atusio9.jugem.cc/trackback/9298
トラックバック
Powered by "JUGEM"
△このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


www.flickr.com

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
FEED

@ao9 からのツイート