キリヌキとヨリヌキ

基本的には食べたご飯の日記を中心にしようとおもいながら、
結構何でもアリな感じ。毎日おもったことを徒然と。
はろーはろー 4
部屋に戻って
お昼ご飯まで休憩。

お昼ご飯を食べたところで
私は一度自宅に戻ることに。

少し仕事を進めて、
子供を迎えに保育園へ。
早迎えだと喜ぶ子供。
一度帰宅して
子供を連れて病院へ。

子供にとっては
赤ちゃんに会うことより、
母親に会うことの方が大きい様子。
 

病院に着いて
病室に入ってみると
小さな赤ちゃん、新しい家族への興味が
みるみる大きくなった様子。

それでも
別れ際には
何度も最後にもう一度お母さんにバイバイしてくる と言いながら
母親への未練が募る様子もあった。

子供はまだ子供。
寂しい時は寂しいっていえば良いし、
泣きたい時は泣けば良い。
少し背伸びして
無理に感情を抑えようとしている様子があったので
目線を同じにして話して
なだめたら
堰を切ったように
ドッと泣き出した。

" 今子供が思っている寂しさは分かる、
でも、この寂しさを超えて
あと何日か寝たら
子供が大好きなお母さんが
新しい家族、小さな赤ちゃんを連れて帰って来るんだよ。
その楽しさの方が
ずっとずっと大きいでしょ?
これまでは 3 人でお話していたことも、
4 人でできるようになるし、
大人の話が分からない子供にとっても
赤ちゃんが大きくなったら
話し相手になってくれるから
きっと、今よりも
もっともっと楽しくなるはずだよ。
だから、寂しいのは分かるけれど、
お父さんとあと数日間、頑張ってみない? "
といった内容を子供に話したところ、
分かってくれたらしい。

この数ヶ月で
感情の起伏はありながらも
人間的に大きな成長が顕れている子供。
子供ながらに
精神的な強さが磨かれつつあるので
このまま良い方向に伸びていって欲しい。
| ファミリ | 22:21 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 22:21 | - | -
コメント
ありがとうございます。
実は...男の子です w

私も嫡子です。
やはり全然覚えていませんね。

でも、何故か一番下の弟の時は居たらいいな、と思っていた記憶だけはあります。
大きくなればなるほど兄弟間の格差は拡がって行ったので、20 歳くらいまではまったく話すこともなかったのですが、お互いに歳をとった今はそれもまたネタにして笑えるくらいです。
| atusio9 | 2015/03/17 11:44 PM |
長子の私。下が生まれた時の気持ちはどうだったんだろう。
残念ながらサッパリ覚えていません(笑

自分の感情を押し殺さず甘えたい時はお母さんに甘えられると
よいですね。そしてもう少し大きくなったら「妹がいて楽しい、
妹がいてよかった」と思えますように。

無事のご出産おめでとうございます。
| To. | 2015/03/17 11:04 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://atusio9.jugem.cc/trackback/6991
トラックバック
Powered by "JUGEM"
△このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


www.flickr.com

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
FEED

@ao9 からのツイート