キリヌキとヨリヌキ

基本的には食べたご飯の日記を中心にしようとおもいながら、
結構何でもアリな感じ。毎日おもったことを徒然と。
どられこの

車は有していません。
常々欲しいとは思うけれど。

さて、
いまや車を運転する時の標準仕様にもなっている
カーナビゲーションシステム。
それをドライブレコーダと組み合わせて
拡張現実によるカーナビゲーションシステムはできないか。

きっかけは
テレビ朝日のテレビ番組 バナナマンのドライブスリー
バナナマンがゲストを招いてふドライブする番組。
コンテンツも好きではあるけれど、
それはさておき、
運転中に道路や看板に " 羽田方面 " や " 高速出口 " のような拡張現実による
目的地までの案内が表示される。
編集する時に
道路の情報をマッピングして
そこに案内を表示するようにしているのだろうけれど、
これをリアルタイムに行えないだろうか。

カーナビゲーションシステムも
衛星やインターネットにつながることで
リアルタイムな地図情報を入手できるようになっていると思うけれど、
表示される地図は
CG や イラストになっていると思う。
それを現実の道路に対する拡張現実の表示で
CG やイラストよりも分かり易くなるのではないか。

そのためには
ドライブレコーダの機能を使っても良いかもしれない。
ビデオカメラのように
画面に表示するだけであれば
そのまま利用できそう。
マッピングには
画像解析と補正を加えるようにして
さらには走行速度によって
案内のスクロールされる様子に補正を加えれば、
さらに分かり易くなるかも。

| ビズメモ | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0)
ぢどじゆん
Shufoo のように
ある特定の地域に絞り込んだ
チラシ広告のサービスがある。
もう一歩踏み込んで、
各チラシから
最安値の店舗を
集めてくれる AI とか。

画像解析を使えば
可能な気がする。

更には
安い食材で料理できる
レシピを提案するとか。
毎日献立を考える事も大変なので、
安くて
自動的にメニュを考えてくれる。

さらには
オンラインで注文して
宅配までしてくれる、とか。

日中働いていても
帰宅のタイミングで食材が届いているので、
買い物に行かなくても良くなる。

何処でも決済と画像解析。
デリバリくらいまであれば、
なんとかできるかなぁ。
| ビズメモ | 02:18 | comments(0) | trackbacks(0)
えぢぇんて
誰もが簡単に
自動実行のプログラムを操作できるようになれば良いなぁ。

朝に起きたら
興味がありそうな動画コンテンツが
Kindle Fire にダウンロードされていたり、
銀行口座から支払いが必要な事が
そのタイミングになったら振込を終えたり。
携帯電話の 2 年縛りを過ぎて
解約手数料が不要になったら
自動的に安いプランへの変更手続きを済ませていたり。
携帯電話の手数料無料については
契約と同時に Google カレンダに
2 年後の日付を登録して
時期になったらリマインドされる、という
ライフハックも
かつては在った。


コレって RPA と言えるのだろうか?
| ビズメモ | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0)
てしあなで
ノートに書かれた内容を写真に撮って
データ化する製品は幾つか在る。
KINGJIM の SHOT NOTE は
まさにそれであるし、
会議や打合せ時に
ホワイトボードに書かれた内容をデータ化する製品も在る。

アナログからデジタルへの変換は幾つも在る一方で
デジタルからアナログに変換や
ほぼ同質的に再現できるモノは
在るのだろうか?

板書された内容を
手元のノートに写して、
コメントを挿れたい、みたいな。

デジタルは 1 と 0 の組合せなので、
アナログを完全再現するような変換は出来なくて
当然だけれど、
完全とまではいかずとも
手元のノートにに表示出来れば。

ホワイトボードの内容を印刷出力する方法はあるけれど、
そのプリントメモを
ノートに挟み込まなければならない。

ノートの側には
時系列的な内容が連なっているので、
それに続くように
残しておきたい、という需要もあるはず。
ノートは唯一無二の
プライベートなログなので
データ化したくない、という需要もあるはず。


スキャンして
インクジェットで転写?
カーボン用紙で転写?
ノートの形状は様々あるし。

電子機器のように電気は要らないし
軽くて何処にでも持ち運べる。
もちろん、誰でも利用できるので
ノートは便利なのだけれどなぁ。
| ビズメモ | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0)
てれりれ
やはりテレビ。
テレビにはメタ情報が満載なので。
観たい番組を観ている割合は
ほとんど無いはず。
" 観ている番組 " と " ザッピング " の視聴傾向は
その端末保有者の
深層に近い興味を
より強く反映できるのではないだろうか?

旅、音楽、ニュース、ドラマ、アニメ、バラエティ、グルメなど。
更には
地域、J ポップ、経済ニュース、出演者や脚本家など。
更に掘り下げれば、
より特定したエリア、アーティストなども。

視聴の時間も加味すれば
朝は天気予報、
昼は株式相場情報、
夜は一日のトピックスをまとめて、といった具合に
チャンネルを変えなくても
データ放送を提供できるようになる。

録画機能と連携すれば
放送予定の関連コンテンツを提案したり、
新番組を挿し込んだり。
録画漏れも少なくなるし、
番組表を確認して
使い難いリモコンのカーソル選択からも開放される。
| ビズメモ | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0)
さしんあぷろ
写真や画像から
そのカロリを推算するアプリは
幾つか存在している。

照合の精度やインタフェイス、
アシスタント機能としての AI 活用度合いは、
後発でも
まだ参入余地ありそう。

解析の正確性も速さも
簡単さもだけれど、
AI の介在部分は
最も肝となる部分かな。

データが少ない事には
解を導き出せないので、
無料にして
ひたすらデータを蓄積していく事が重要。

提案するための参照値、
軸にするための公共性が高い統計値、
全体傾向値や平均値、
先ずはこのくらいかな。
| ビズメモ | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0)
これどよを
テレビやMonitorに映っている画像や映像の
メタ情報を任意に設定した端末に転送する。
手元の端末に取り込む、という方が
分かりやすいかもしれない。
例えばテレビに映っている映像の
CM 商品やドラマ内に登場する服やインテリア、
歌番組で流れた音楽やアーティスト情報、
グルメ番組のレストラン情報などを
テレビか専用リモコンのボタンを押す事で
手元のスマートフォンにプッシュ送信。

テレビを観ていて
気になるネタや話題、商品があるけれど、
その都度スマートフォンの端末で検索する事は
厄介なだけでなく、
せっかく観たい番組から
一旦目を外して
端末側に視線を向けなければならない。

遠距離にも転送されてしまうと
意図しない転送先や
第三者への漏洩が生じてしまうので
近距離通信の技術が必須。
NFC が良さそうだけれど、
軽量な通信サイズなので IrDA でも良いかも。

配信側は配信された端末情報まで分かる。

プッシュ出来る回数は
100 件までをテスト。

ヒト・モノ・場所、その他や全てのように
初期に設定しておいたら、
欲しい情報ジャンルを
絞りやすくなるかも。
| ビズメモ | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0)
めやめびかへ
いつの頃からか
具体的には記憶してないけれど、
強いて追えば
今年に入ってからか、
仕事を進める上で
メールを利用する事を
できる限り控えるようにしていて、
最近は送るメールも
受取るメールも
メキメキと減ってきた。

代わりにメッセージングツールの数は増えてきたのだけれど、
それでもそれほど多くない。

メールもメッセージも
使わないように意識すれば、
更に減らせそう。
| ビズメモ | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0)
はよふ
地上デジタル放送波の
テレビ番組から
簡単に注文が完了出来るように。

テレビ番組は
説明の他にメタデータとして、
タグを付けておく。
メタデータは何処かに保管。
蓄積されたメタデータを元にして
別のテレビ番組を提案。
よく観ている芸人さんであったり、
同じ分類に属する歌手であったり、
よく観られているテレビ番組のジャンルであったり。

メタデータ傾向からテレビ CM や
テレビ通販なども出来るようにしたら良いと思う。
| ビズメモ | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0)
ぐらんぴか
グランピングをテーマにしたカフェ。
什器一式すべてアウトドア用品。
欲しければ、
即注文・購入可能。

期間限定で開催。
カタログの変更タイミングに併せて
イベント的に催す事で
メーカの新製品販促、
ユーザは試用しながら、
事業としては場所の費用を少なくしつつ。

室内の他に
やはり室外も欲しい。
より実際の利用場面に近付けるため。

一つのメーカに依存しないで
複数メーカのアウトドア用品を扱いたい。
専売店カすると
比較できるというメリットが薄れるため。

場所はやや限定して。
イメージは期間店は六本木、
店舗は二子玉川や自由が丘、吉祥寺、立川。
L.L.Bean みたいだな。
売上は流通に依存しがちなので、
カフェ機能を充実させて
アウトドアライフスタイルの提案をしっかりと提案するように。
若者から家族連れまでを対象にして、
カフェとして、
ランチの場所としても楽しんでもらいつつ、
使用感を確認してもらう。
| ビズメモ | 03:45 | comments(0) | trackbacks(0)
Powered by "JUGEM"
△このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>


www.flickr.com

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
FEED

@ao9 からのツイート