キリヌキとヨリヌキ

基本的には食べたご飯の日記を中心にしようとおもいながら、
結構何でもアリな感じ。毎日おもったことを徒然と。
ひつぁて
会社の人と湊やへ。
まだ早い時間だったこともあり、
天丼があるという事を確認したので注文。


天丼

上に乗っている
白い塊は
一緒に向かった女性が食べきれないというご飯を
予めいただいた分。

黙々と食べました。
何が入っているかを
確認することさえ忘れて。
| ご飯 | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0)
ことねことをき
この土日は
初めて N と一緒に
母親や M 達とは別の部屋で寝た。

土曜日は
最初は N と M が一緒に私の布団に入ってきたのだけれど、
M は途中で自分の寝床へと戻って行った。
N も戻るかな、と思っていたけれど、
そのまま私の布団で寝続けて
終いには本当に寝てしまった。

私は一人だけ別の部屋で寝ている。
帰宅が遅くなることもあるのだけれど、
咳や鼾(いびき)がうるさいので
別の部屋で寝るようになった。

そのため、
M と N は母親と一緒に寝るようになったのだけれど、
土曜日は初めて
N が私と一緒に寝た。

そして日曜日の夜。
最初はあちらとこちらの部屋を行ったり来たりしていたけれど、
飽きたのか
私の横にやって来て
土曜日と同じように
コロンと横になったかと思ったら
スゥスゥと寝息を立て始めた。
まさか二日連続で一緒に寝られるとは思いも寄らず。
寝付くまでは
暗い部屋の中で
私が居ることを確認するために
名前を呼んだり
顔の位置を弄ったり。

カワイイ。
| ファミリ | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0)
できあが
シュリンクラップして、
最後に持ち運べる用に
風船のように膨らませる
緩衝材に入れて完成。

オリジナルカップヌードルは完成したけれど、
M にとっては
もうひとつのイベント。
チキンラーメン作り体験が控えている。

こちらは隔離された部屋で行われて、
N は体験出来る年齢に達していないこともあり
私か奥さんのいずれかが
どちらかに行くことに。
M は奥さんと体験したいということで
私は N を連れて
外を散策することに。
時間が 90 分と長い。

館内の飲食がヌードルバザールに限られていることもあり
一度外に出て
水分補給もすることに。
チケットさえあれば当日内の再入館は可能。

外に出て
コンビニエンスストアで飲物を購入。
N はリンゴジュース。
与えるとゴクゴク飲んでいた。

時間はまだまだ余裕があったので、
先程行きそびれた
赤レンガ倉庫へ向かうことに。

外をぐるりと一周したけれど、
子供には退屈かな。
N は疲れて寝てしまって
移動中にジュースのパックを落とす。
しかも海に近付くと
風が強くて
寒かったこともあり、
ゆっくりと戻る事にした。
移動の途中で N は寝てしまった。

再入館してガラス越しに体験コーナを覗くと
麺を延ばそうとしているところだった。
会話はできないので、
休憩用の椅子に座って時間を待つことに。

出て来ると
手にはお土産のチキンラーメンが 4 つ。
一人に一つ作ることができて、
もう一つはお土産用の本物。
良かったね。
| 日記 | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0)
あんももき
カップヌードル博物館は
日清食品の創設者である
安藤百福の功績を讃える記念館でもある。
カップラーメンの普及っぷりを見ていれば、
アレを開発した凄さが分かる。


先にローソンチケットを使って
予約していた奥さん。
得て知ったる要領で
手際良くチケットを受け取っていた。

このカップヌードル博物館は
今回の観光において
M にとってもビッグイベントのひとつ。
何故なら M はラーメンが大好きだから。
自分の手でラーメンを作れるという喜び。
とても分かる。

予約の時間まで
少し早かったので
館内 4 階のヌードルバザールを覗いてみるものの
ホテルのビュッフェを
たらふく食べたこともあって
食指は伸びず。
おとなしく 3 階の体験コーナ階へ。

今か今かと
待ちきれない M 。
分かる、分かる。

そして列に並び、
彩色用のカップを受け取って
席に案内されると
早速ペンを持って書き込んでいた。
カップに麺を詰める工程で指摘されるのだけれど、
製造年月日は必須の記入箇所。

上下数センチは
彩色しないように注意がされる。
同じくカップを受け取った N はお構い無しに
書き込んでしまったのだけれど。
恐らくは衛生上での指摘なのだろう。


彩色は皆力が入るらしく、
席待ちの列が出来る。
空いたところから
次々に案内される。
M も結構書き込んでいた。

彩色を終えると
麺を詰めて
スープと具材を選んで
シュリンクラップするという工程。

M はシーフード インゲン、コーン、カマボコ(2 種類)。
N は奥さんの指示により、
醤油 チーズ、コーン、カマボコ(2 種類)。
ヘルシーな構成に。
私だったら、チリトマト ゴロチャ、エビ…などを見守りながら、考えていた。
| 日記 | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0)
よこはむ
今日は休みを取って
家族サービスディということで、
近場ながら
横浜に一泊する事に。

初日のプランは以下の二つ。
ホテルでランチビュッフェ
カップヌードル博物館でオリジナルのカップ麺と
チキンラーメン作り体験

先ずは馬車道まで移動。
東急東横線を使ったのだけれど、
やはり移動が不便。
分かってはいたけれど。
そして、
特急に乗ったにも関わらず
結構な時間が掛かった。

みなとみらい駅で乗換えて
馬車道に到着。
馬車道の駅は広くて
煉瓦壁になっていた。
煉瓦の壁やレリーフを見上げながら
M と一緒に
凝っているなぁ、としみじみ。

ランチは奥さんが予め手配してくれていた
ワシントンホテルにて。
ビュッフェ好きな奥さんと M 。
私も勿論楽しみにしている。
平日ではあるものの
ランチの時間は賑わっていた。

カップヌードル博物館のアトラクションを予約した時間までは
少し余裕があったので、
赤レンガ倉庫を観に行こうとしたけれど、
手前まで来て遠目に見えたところで断念して
カップヌードル博物館を目指す。
| 日記 | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0)
かきふりぁ
湊屋へ。
お刺身十点盛りも良いのだけれど、
明太子が無くなっていた記憶もあり、
カキフライとお刺身の定食を注文。


カキフライとお刺身定食

カキフライは先日に
築地食堂源ちゃんでも注文したけれど、
ふっくら加減が違う。
高いだけはある。
| ご飯 | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0)
りてん
遅い時間のランチ。
最初は博多ラーメンセンターに向かったのだけれど、
店内に待っている人が居たので
諦めて天鴻餃子房へ。

A 定食の若鶏の唐揚げ定食を注文。


若鶏の唐揚げ定食 ¥ 780

あぁ、ご飯に明太子のふりかけを
かけて食べたかったわ。

あ、若鶏の唐揚げも十分に美味しいし
ボリュームもあるので満足度は高い。
| ご飯 | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0)
つきげん
築地食堂源ちゃんへ。
カキフライとお刺身定食を注文。


カキフライとお刺身定食 ¥ 980

カキフライ、久し振りに食べた。
| ご飯 | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0)
さくらまか
連休の最終日、井の頭公園の西園へ。
一部の桜は満開。







ちょうど
少しだけ空いている
スペースがあったので
桜の下で昼食を摂る事に。

他の人達も
満開の桜を写真に収めていた。
| 日記 | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0)
ふたふたふた
天鴻餃子房へ。
特に食べたい物があった訳ではなく
フラフラと向かってみて、
気に入ったメニュが無ければ
はなまるうどんへ行けば良いか、と。


豚肉丼があったので、
あ、今日はコレにしよう、という
軽いノリで決定。


豚肉丼 ¥ 780

今日は少し足りなく感じた。
量は普段と変わりはないのだけれど。
お腹空いていたのかな。

外に出て、
会社に向かって歩くと
もう 10 年程前に勤めていた会社の人と
偶然会った。
ホント偶然。
| ご飯 | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0)
Powered by "JUGEM"
△このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


www.flickr.com

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
FEED

@ao9 からのツイート